看護師バンクとハローワークの違いを理解する

看護師【看護師】が転職先を探す際に求人情報の収集をするには看護師バンクかハローワーク、転職サイトのどれかを活用する方がほとんどです。
それぞれ利用方法やメリットとデメリットの違いがあります。

 

 

ハローワークは各都道府県の公共職業安定所で、看護師だけでなく様々な職業の紹介をしています。
求人案件は誰でも閲覧可能ですが良い条件の職場は見つかりにくいと言われています。
看護師バンクは看護協会が運営しており、都道府県ごとで看護師専門の求人情報を紹介しています。
看護師のハローワークのような存在で、ハローワークよりも看護師に特化した求人案件を探しやすいと言われています。
ハローワークと看護師バンクはどちらも転職先を探す際に相談に乗ってくれますが、基本的には自分自身で転職活動を行うため大変な面も多いです。
特に現在の職場で仕事を続けている看護師が転職活動に専念するにはあまりにも忙しくて難しいのではないかと考えられます。

 

非公開求人が最大の違い

転職サイトはハローワークや看護師バンクでは取り扱っていない求人案件が多く、ほとんどが一般には公開されない非公開求人だと言われています。
待遇が良い職場の案件が多数存在しており、転職を希望している看護師の条件に合致する可能性が高い案件があると考えられます。
転職サイトがハローワークや看護師バンクと異なるのは専門のコンサルタントが転職活動が成功するまでしっかりとサポートしてくれる点です。
非公開求人の紹介はもちろん、履歴書の書き方や面接の応対方法、給料や勤務時間などの待遇面の交渉代行まで行ってくれます。
親身になって対応してくれるので職場を探している看護師にとっても安心して相談できる存在となります。

 

ハローワークや看護師バンクはもちろん、転職サイトもほとんどが無料でご利用頂けます。
複数のサービスに登録をしておいても支障はありませんので、できるだけ多くの選択肢から選ぶためにもいくつかのサービスに登録して転職活動を続けることをおすすめします。