退職する看護師さんの多さは看護師の退職理由でご理解していただけたかと思います。人間関係の悩みや激務で、はっきりいって、仕事量に見合わない薄給。これで頑張って働いてくれという方が無理でしょう。病気になったり、ノイローゼになるくらいなら、やめてゆっくり休むのもいい方法だと思います。

 

ただ、退職してブランクが出来てしまうと、その間の説明を再就職する際に、どのように説明するかで、今後の展開も変わってきます。さてさて、看護師さんのブランクは転職に影響するのでしょうか?本当のところを知りたいはずです。

 

【看護師の復職は難しいのか?】

 

人手不足で、病院側はいくらでも看護師を欲しがっているというのは事実です。単純に病院の看護師さんの数と、患者の多さのバランスがあわないため、激務となり、転職を考える人も多いのですが、やめていくという事は、いつかは再就職するわけです。

 

看護師は、他の職業と比べると復職はしやすいと思います。なので、そこまで不安に思う必要はないかもしれません。数打てば、再就職も比較的楽に出来ると思います。やめてもいろんなスキルは残りますし、医学的な知識も残ります。なので、極めて復職しやすい職業であると言えるでしょう。

 

介護施設などは、特に復職支援をしているところも多く、ブランクがある看護師でも敷居は低く復職できると思います。ブランクが影響しないと言えば、ウソになりますが、あってもなんとかなると結論づける事が出来るでしょう。

つまり復職はそこまで難しい事ではありません。

基本的に看護師さん自体の人材が足りていないので、看護師さんの転職支援や復職支援が成り立っていると言えます。
ですので、基本的に、意志さえあれば、看護師さんはどこでも転職可能という事は知っておいた方が良いかもしれません。

 

安心できますね。