面接は基本が守れているのが大切!

やはり、面接官も人です。仕事であろうが、プライベートであろうが、良い人を雇いたいし、素敵な人に給料もはらって、お互いにウィンウィンの関係が築けるようになるというのが、経営者側からすれば当然だと思います。

 

使えない人に給料を払うほど、予算があまっているわけでもないし、優秀な人材が欲しいと思うのは、ごく自然な気持ちだと思います。今回は、面接で落ちる看護師と落ちない看護師の違いという点で、お話ししていこうと思います。

 

普通に相手が求めている人材や性格を意識できれば、問題ないと思います。
基本的な人間関係のマナーがあれば面接はすんなりクリアできるでしょう。

【性格の良さ】

やはり、女性だと特に必要になってくるのが、笑顔と愛嬌だと思います。看護師という職業は、白衣の天使とも称されるほど、患者さんたちの癒しとなる存在であり、存在自体が、心の支えになるほど、大きな役割も兼ねています。

 

面接官が見るのは、やはりその点です。美しくても、かわいくても、明るさや人柄の良さを感じないような人は落とされてしまいます。

【コミュニケーション能力】

これは看護師に限らず言える事ですが、会話がしっかり出来るかというのは重要な要素です。仕事をする上で、理解力のない人間と、仕事をするのは、ひどく疲れますし、効率も悪いです。それなら最初から雇うべきではありません。また、医療ミスにもつながるため、平均以上の理解力がないと、看護師の場合はきついかもしれません。

【使いにくそうな人】

経営者の一番の希望は、自分の思い通りに動いてくれるコピーが欲しいという願いです。しかし、コピーを作るのは無理ですから、気が利く人、自分の気持ちを察知してくれる人というのが、必要とされます。

 

うまく面接もクリアするには、看護師転職サイトで様々な面接支援をしているサービスを利用する方法もあります。
トップページで詳しく紹介しています。

 

⇒看護師転職サイトナビ